内野俊輔容疑者(24)幼稚園侵入願書盗む

2017年3月1日

今年1月に千葉市中央区の幼稚園で入学願書などが盗まれた事件で千葉県警捜査3課は24日、建造物侵入と窃盗の疑いで、東京都葛飾区西新小岩1、無職、内野俊輔容疑者(24)を逮捕した。同課によると、県内ではこの他、幼稚園から同様の書類や現金が盗まれる事件が松戸市や船橋市で昨年12月以降に計3件発生。内野容疑者の自宅アパートから船橋市の幼稚園から盗まれた129人分の願書が見つかっている。保育施設などを狙った窃盗未遂事件も4件あり、同課は関連を調べる。

逮捕容疑は1月23日夜から同24日早朝にかけ、千葉市中央区汐見丘の聖マリアンナ幼稚園に窓ガラスを割って侵入し、入学願書11通などを盗んだ疑い。同課によると、内野容疑者は「してません」などと容疑を否認している。同園で盗まれた願書は見つかっていない。

願書の11世帯のうち4世帯に無言電話が計約10回かかってきたことや、事件現場近くの防犯カメラの映像などから内野容疑者が浮上した。

無言電話は1月半ばから2月半ばの平日午前10時~午後2時の間に、内野容疑者の自宅近くや松戸市内の公衆電話からかけられたことが分かっている。松戸市で願書が盗まれた2世帯にも無言電話があり、電話に出ると2、3秒で切れたという。

 

 

24日午前6時20分ごろ、千葉市中央区汐見丘町の聖マリア幼稚園で、1階の教室の窓ガラスが割られ、事務室から園児11人分の入園願書が盗まれているのを、3階の自宅に住む50代の女性園長が発見し110番通報した。千葉中央署で調べていたところ、約1時間45分後、約300メートル離れた別の幼稚園からも「室内が荒らされている」とする通報があった。今月11日には松戸市の幼稚園でも願書が盗まれる被害が確認されており、千葉県警は窃盗事件として、同一犯の可能性も視野に捜査している。

同署などによると、盗まれた願書は聖マリア幼稚園に通園する年長組の男女のもので、机の引き出しの中に保管されていた。願書には園児の顔写真や住所、保護者の職業などが記載されており、園児の生活状況などを記した生活調査票もなくなっていた。事務室には物色された跡があったが、金銭被害はなかった。

同園は3階建てで、事務室は1階。掃き出し窓のガラスが割られ、鍵が開けられていた。園長は23日午後8時ごろに幼稚園の戸締まりを確認し、3階の自宅に帰宅したという。

同日朝には、同区の別の幼稚園でも窓ガラスが割られ、何者かに室内を物色される被害が確認されたほか、松戸市金ケ作のさつき幼稚園では、今月10日夕~11日朝にかけて過去の入園願書約110枚が盗まれていた。

事件

Posted by japanlive


PAGE TOP